ロレックスは高級な資産になる時計

男性の腕時計はその人を表します。ロレックスなんかを気軽にしている人をみるとなんともうらやましいものです。

ロレックスは高級な資産になる時計

ロレックスはセレブの証

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分はそんな身分ではないので、宝石や貴金属の類はほとんど持っていません。唯一自分のなかでは貴重品、と思えるものがエンゲージリングでしょうか。これも、他のひとからみれば安ものでしょうが、私にとっては大切で高価なものです。お金持ちのほとんどが、特に男性ですが、時計にこだわるのもなんとなくわかる気がします。女性なら指輪でしょうが、男性にとってはアクセサリーである指輪よりも、ちゃんと実用性もあるもののほうが魅力的に感じるのはなんとなくわかるような気がするのです。

先日拾い読みした本に、自分の財力を見せつけたくてビジネスクラスの機内でわざと腕時計をはずして見えるところにおいておく人がいる、ということが書いてありました。まあこれは極端な例で、特に成金ぽい人のことを誇張して書いたものではあったのですが、腕時計一つでマンションが買えるほどのものもあるようなので、ひと財産であることは間違いありません。友人も夫の出世祝いに夫婦でペアのロレックスを買った、と言っていたことがあります。それも家族旅行のクルーズ船内のショップで、というセレブっぷリにはため息がでました。やっぱりお金のある人はロレックスなんでしょう。残念ながら私には一生縁のないものになりそうです。