ロレックスは高級な資産になる時計

ロレックスの社名変更の理由とロレックスの三大発明の重要性と機構の説明とロゴマークにバリエーションが多い話

ロレックスは高級な資産になる時計

ロレックスの簡単な説明

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロレックスは、ドイツのバイエルン州出身のハンス・ウイルスドルフが1905年にロンドンに設立したウイルス&ディビス社が始まりです。その後、第一次世界大戦の影響からドイツ風の社名では、イギリス向けの輸出に差し支えが出るので、ロレックス・ウォッチカンパニーに変更した様です。

ロレックスには、3つの大きな発明があります。一つ目は、1926年に開発された防水機構のオイスターケースです。オイスターケースは、金属の塊をくり抜いて作られたケースに竜頭と裏蓋をねじ込みにする事で、牡蠣の様に高い気密性が保持出来、腕時計の精密な機構を湿気や埃などから保護する事が出来ます。二つ目は、1931年に発表されたパーペチュアルです。パーペチュアルは、360度回転式ローターによる自動巻き機構であり、現在のあらゆる自動巻き機構の基本となっています。三つ目は、1945年に発表されたデイトジャスト機能です。デイトジャストは、文字盤の3時の位置にある小窓の日付機能です。又、日付けを大きく見せるサイクロップレンズを最初に装備したのもロレックスです。

ロレックスと言えば、ブランドのロゴにもなっている王冠マークです。ロゴマークは全く同じデザインを使い続けるものですが、ロレックスでは時代時代で異なり、モデルによっても異なります。本当に多くのバリエーションがあります。